女性の所作・作法

   *女性の所作とは

 

日本の女性は表現が乏しいと言われていますが、美しい手・身体を使って

喜怒哀楽を表してきました。美しい動作と相手に不快感を与えないことが

古くから求められていました。

 

きれいなお辞儀(真・行・草)は心のこめかたで変わります。お辞儀の

角度 がだけが問題ではありません。

挨拶するのは相手と親しくなりたいためで、心を開くということです。

 

またきれいな身のこなし方は、外見ももちろん非常に大切ですが、しぐさ

立ち振る舞いが重要です。立ち姿・座り姿(いす、正座)歩きかた全て

大切 なことです。

いつもからだの隅々まで意識をめぐらしておく必要があります。この積み

重ねがきれいな「身のこなし」になります。

 

 「何にても置き付けかえる手離れは恋しき人にわかるるとしれ」

                          (利休道歌)

 

ものを大事に扱いなさいということは、扱いの手と添えるてにメリハリを

つけ持つ指、つかむ指をしっかり区別することが大事です。

 

ものをひろうしぐさもきものを着ているイメージで行うとしなやかな身の

なしになります。ですからいつも意識することで美しい所作を身につけることができ、黙っていては絶対身につけません。

常に意識を持つこtとが大事です。

美しい女性とは知性のある「ゆかしい」雰囲気をもっている魅力ある人

です。意識をすれば誰でも成きる事が出来ます。

 

 

   

 

                 

                                                                               

                      「女性の所作」セミナー        

                             の様子です     

           

               

                        

                           

Hey Visitor!