おもてなしの心


   おもてなしのこころとは

 

お客様を丁重に迎え入れ食事やお酒

などを振舞うことがおもてなしの

意味です。

 

相手をおもいやり、喜んでいただく

ためにはどのような工夫をすれば

よいかと考える事です。

 

日本人は相手を気遣う民族でした。たとえばコートは玄関の外で脱ぎます。

 

道中の埃をよそ様のお宅に持ち込まない配慮、 又お土産も風呂敷に包む気持ち、熨斗・水引(そのままではあからさまでいやだという気持です)を掛けたり、心配りをしておりました。

 

いつのころからか簡略化が進みマナーも忘れられてきて自分よがりの人が

増えてきたように感じられます。

 

昔のこと全てが良いわけではありませんが、良い習慣は学ぶまねぶ)ことが必要です。なぜなら必要だから永く伝承されてきたのです。

 

不必要なものは当然のように消えていってしまいます。

 

 

 




Hey Visitor!